アイキララの効果!クマの種類について

目のクマをケアすることが目的のアイキララですが、クマの種類によっても効果を実感できる期間や効果の質が変わってきます。

自分がどのクマに当てはまるのか?ということについて知っておくことも大切です。

青クマ

クマが気になる年齢は中年以降が圧倒的に多いのですが、青クマは10代の若い人でも出来てしまうクマです。

目元の血流不良が原因で冷え性などの方に多く出てしまうのが青クマです。

青クマのケアは比較的簡単で早く改善できることがほとんどです。アイキララで目をケアすると同時マッサージを加えてあげれば1週間~2週間程度で効果はあるのではないでしょうか。

目のクマの中でも一番改善しやすいものです。

黒クマ

目のたるみが影を作ることで黒く見えてしまう「黒クマ」。目下が黒く映るので見た目のイメージがすごく悪いクマです。

単純に影を作っている原因となっている「目のたるみ」をケアしてあげればいいので、アイキララのようなハリに効果的なアイクリームを使います。

目にたるみが気になる方の多くはアイクリームなどでケアをしてこなかった方でしょう。

 

私もそうでしたがアイキララでケアするだけでも黒クマが目立たなくなります。完全に黒クマが気にならないようになったのはアイキララを愛用して1ヶ月後のことでした。

 

黒クマは1ヶ月~2ヶ月程度の時間はかかりますがアイキララで目元のハリをケアしてあげれば見違えるような効果があります。

 

茶クマ

茶クマはクマの種類の中でも最も厄介なクマです。茶クマの原因は色素沈着によって起こります。

言い換えれば「目の下にできたシミ」です。一度シミになってしまうと完全に消すのは難しいですし、時間もかかります。

アイキララを持ってしても茶クマの改善は難しいというのが正直な意見です。一度出来てしまったシミは美容整形する人もいるほどですから、化粧品で完全に消してしまうというのは困難です。

茶クマにアイキララを使用する目的としては、これ以上ひどくならない為の茶クマ予防・時間をかけてのケアということなら効果的なのでおすすめです。


アイキララで効果を発揮し、大きな改善が期待できるのは「青クマと黒クマ」です。

 

ネットの口コミでは茶クマにも効果があったと言われている方もいましたので一概には言えませんが、アイキララの成分から見る効果ではシミとなった茶クマを改善することは難しそうです。

 

だからこそ茶クマにならないうちに早くケアしておくことが大切ということです。

 

アイキララの効果を検証